▶大橋さん新参加

 大橋さん新参加
二火会に大橋勝巳さんが新たに参加されました。
大橋さんは小杉先生の指導碁を受けられたということで筋の良い碁です。
筋が良い人は上達が早いです。
二火会で一緒に囲碁を楽しみましょう。


 ヨセ
囲碁は布石、序盤、中盤、終盤、ヨセと展開していきます。
ヨセはほぼ戦いが終り、地の境界線も決まった後の地の争奪戦です。
ヨセは細かな地の取り合いなので面白みに欠けると(一般的なアマチュアは)思っています。
アマはヨセを軽視する傾向があると思います。
アマはヨセの好劣で勝負が付くことは少ないこともあるでしょう。
囲碁の本には、詰碁、手筋、定石、布石、棋譜、攻め合い、ヨセなどがありますが、一番売れないのはヨセの本だそうです。
ちなみに、私の本棚をチェックしたところ詰碁が13冊、ヨセは1冊もありませんでした。 
「ヨセの勉強はヨセ!」?ということでヨセはほとんど勉強しません。(^_^;)
ヨセが重要になる前提として形勢判断ができるということだと思います。
しかし、一般的なアマは形勢判断ができないかしない人が多いです。
地元囲碁クラブでの対局。
  Cさん黒、Aさん白の8子局です。
  終盤です。
  Aさん 「現在形勢はどうですか」
  Cさん 「?」
  Aさん 「20目以上黒が悪いですよ」
  Cさん 「先手、先手でヨセていけばいいのでは」
  Aさん 「!?」
  最後まで打って(打たされて)白30目以上の勝
大差の碁を最後(ヨセ)まで打たされるのは辛いです。
ヨセの前に形勢判断かもしれません。

  ヨセの問題 (黒先手でヨセてください)
    2016091201.jpg

  答え  



IMG_1225_R.jpg
              7月の二火会(8月は撮り忘れました)

IMG_1281_R.jpg
              8月の反省会
  

「碁の強さは詰碁の強さに比例する」..... と思います。

  詰碁  白先
       201609031.jpg

       答え


二火会◯×表
   ↑
  上をクリックしてください
  二火会◯×表のダウンロード方法


初めての方、しばらくお休みしていた方、二火会へ遊びに来ませんか。
おいしいコーヒー飲みながら囲碁・将棋しませんか。
みなさまの投稿をお待ちしています。
投稿先:世話人 平井または社友会事務局(Eメールでお送りください)
  コーヒー


囲碁将棋部会
  幹事   佐々木 正樹
  世話人 新井 洋、大塚 良一、平井 槇二

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
二火会は毎月第2火曜日です
ふるってご参加ください
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
QRコード
QR