小杉先生謝恩会

10月4日六本木四川飯店にて小杉先生の謝恩会が開かれました。
小杉清先生は日本棋院九段でテレビ朝日厚生会囲碁部の指導を長年にわたって続けてこられました。
昭和38年から現在まで、約半世紀もの長いお付き合いになります。
昭和40年代頃は職場でも囲碁、将棋が盛んで囲碁部員は60人くらいいたと思います。
先生は昭和32年入段ですがその後順調に昇段し、私たちも先生に鍛えられどんどん上達して行きました。
昭和4?年には在京民放囲碁大会でテレビ朝日(当時はNET)が優勝を果たしました。
この頃が囲碁部の全盛期だったと思います。
しかし、日本が高度成長を遂げるにつれ趣味も多様化、囲碁人口は減少していきました。
入部はほとんどなく定年退職で囲碁部員は減る予算も減る一方でした。
先生の指導碁の回数を減らすなどして凌いできましたがそれも限界となってしまいました。
小杉先生、ありがとうございました。

現在、小杉先生は現役を引退されていますが日本棋院には所属されています。
先生の推薦により日本棋院の免状が取得できますので、この際取得(新規、昇段)されることをお勧めします。
免状は生涯最高棋力の証明となるもので、免状取得者ご本人のステータス、棋力の証明、向上心、やりがいに結びつくものです。自称○段格とは違い、受験時や就職時の履歴書に書くこともできます。
また、日本棋院の会員で初段以上の取得者は、入門初級者等へ指導する日本棋院普及指導員の資格を得ることができます。
さらに六段以上の取得者には、県師範、公認審判員の資格が得られます。
取得希望の方はこちら(hirai1111@kdn.biglobe.ne.jp)までご連絡ください。

101401.jpg
                     四川飯店にて

101402.jpg
               在京民放囲碁大会優勝記念撮影

(囲碁部 世話人:平井)DSCF4725-2.jpg
               足立の花火 2011.10.08

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
二火会は毎月第2火曜日です
社友会事務局でやっています
リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
QRコード
QR