コミ

コミは現在6目半ですがこれは正しいのでしょうか。
コミの制度が本格的に導入されたのは昭和時代になってからでした。当初、コミの大きさは4目半とされましたが、黒が少し有利(過去の黒番白番の勝率により)だということで、5目半に改定されました。その後、これでも黒が有利だということで6目半に改定されました。6目半になったのは日本より韓国が先。当時から韓国は世界ナンバーワンで日本は追従するかたちで6目半になりました。
4目半の時代が35年
5目半の時代が28年
6目半になって9年です。
いずれ7目半になるのでしょうか。
6目半になってから黒番、白番の勝率はどうなっているのでしょうか。
ネットで調べたところでは「日本棋院の合計結果では黒番の勝率が50.7%程度となっており,またほぼ全ての層で黒番の勝率が高くなっている.コミを6.5としても白番が有利であるとは言えない.黒番が有利であると結論付けても良いかもしれないが,コミ5.5目のときのように取り立てて問題となるほど大きな差ではない.」としています。
7目半になったらどうなるのでしょうか。7目半の先手番勝率推定値は48%となっています。
さて、以上はプロの場合の話ですがアマチュアの場合はどうでしょうか。
アマチュアの手番勝率はもちろんありませんので推測するしかありませんが、黒番を持ちたい人が圧倒的に多いと思います。
白番が得意というのはほとんど聞いたことがありません。
以前紹介したネット碁の「「モバゲー囲碁」」 では テーブルを作成する際に手番はニギリではなく黒番、白番を選択するようになっています。これを見ると圧倒的に黒番持ちが多いです。なぜなのでしょうか。
アマチュアは攻めはそこそこできますが、シノギは不得手です。白番だとどうしても先に攻められる(シノギにまわる)ことが多くなります。このため黒を持ちたいという人が多いと思います。
アマチュアだとおそらくコミ7目半でも黒を持ちたい人が多いと思います。
固定コミは、握りによる運が大きく勝敗に影響するとの考えから「コミ自由設定選択制」が考えられました。
コミの設定方法は、
  1. 黒白選択側かコミ設定側を握りで決める。
  2. コミ設定側になった人は、コミを設定する。
  3. 選択側になった人は、黒か白かを選ぶ
コミは6目半になったり7目半になったりします。8目半や9目半になることもあるでしょう。
「コミ自由設定選択制」にすれば黒番が得意という偏りをなくすことができ、握りによる運、不運を避けることができます。
弱い人だとコミを意識しない人もいますが、アマチュアのトップレベルとなると黒が当たるか白が当たるかで大きく影響する場合があります。
「コミ自由設定選択制」、なかなか良い方法だと思いませんか。

話は将棋界へ移ります。
将棋は囲碁と同じように先手絶対有利です。囲碁にはコミという合理的解決手段がありますが、将棋にはありません。
平成16年度の先手番の勝率 は55.4%とネットにありました。最近の勝率はわかりませんが、無視できない値です。
超一流になるとさらに勝率の差が顕著になります。森内と羽生では先手番の勝率が65%(最近ではさらに高くなっているかもしれない)なのだそうです。
今年の名人戦挑戦手合い(羽生、森内)では3勝3敗後の第7局、振り駒の結果は先手森内。この時点で森内勝ちと思いましたが結果はやはり森内の勝ち。7局の内訳は先手5勝、後手2勝(先手勝率71%)。今年の名人戦もまた振り駒による運、不運を強く感じることになってしまいました。
どうして将棋界は先手、後手の勝率問題を放置しておくのでしょうか。
将棋界が保守的なためでしょうか。問題意識がないからでしょうか。決定的な解決策がないからでしょうか。
振り駒によって勝敗がほぼ決まってしまう将棋なんておもしろくもおかしくもない!。早急に解決してほしいものです。


  コミ6目半の対局手番別勝率

  表1:持ち時間別の勝率
持ち時間対局数黒番勝ち数白番勝ち数黒番勝率
早碁14227286940.512
45分~2時間6322312431980.494
3時間16197829279050.512
4時間2224111511090.501
5時間2945149414510.507
8時間11462520.544
合計2922414815144090.508

  表2:年ごとの勝率
対局数黒番勝ち数白番勝ち数黒番勝率
2002~20033642183518060.504
20043680187218080.509
20053863190719560.494
20063367173016370.514
20073469176617030.509
20083493181716760.521
20094135207720580.502
20103782190918730.505
合計2943114913145180.507

   表3:ラウンドごとの勝率
 黒番勝ち数白番勝ち数黒番勝率
予選(最終予選・三次予選除く)11903115890.507
最終予選(三次予選含む)8217220.532
本戦以上(女流・新鋭棋戦のみ)5015260.488
本戦(女流・新鋭棋戦除く)119212170.495
リーグ戦(三大リーグ)3643510.509
挑戦手合(女流・新鋭棋戦除く)1311140.535
合計14912145190.507


(囲碁部 世話人:平井)4thofjuly-1_e0.gif
  

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
二火会は毎月第2火曜日です
社友会事務局でやっています
リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
QRコード
QR